【盛和塾機関紙 】現状を改革し、想像する。

創造というものは、深く深く考え続け、考え抜くという苦しみの中から生み出されるもの。

リーダーは、常に創造的な心を持ち、クリエティブな何かを常に集団に導入していかなければ、継続した進歩、発展は望めない。

 

松下幸之助さんも「現状維持は後退の始まり」という言葉を残している。

人間は変わることに恐れを持ち、変えることに不安を持つ。

しかし、すべてのものが刻々と動き、一瞬一瞬にその姿を変えつつある世の中で、現状に安んずることは即退歩につながると。

 

弊社は創立して2月で丸4年が経った。

事業の柱となっている商材は、健康市場においてまだまだ大きな可能性を秘めており、特に今はまだまだ攻めの姿勢が必要だと考えている。

前年比較100%という数字が出たら、後退していると意識すべし、とスタッフ全員に共有しており、リーダーに限らず、全員が新しい価値を見出す努力をし、改革に取り組んでいる。

現状に満足せず、常に高みを狙い定めていく姿勢を忘れないようにしたい。

 

 

コロナ騒動で経済活動が停止状態にある今、原点に立ち返り、堅実な経営について深く考える時期かと考える。

毎回輪読しているが、今回改めて「経営の原点11ケ条」を読み解いた。

社員とともに共鳴と共感を催すような大義名分のある事業目的を明確に定めること。

目標を具体的に立て、思いの程度を強く持つこと。

誰にも負けない努力をすること。

売上を増やし、経費を削減することに注力すること。

儲かる1点を定め、値決めを決めること。

凄まじいばかりの破壊力のある強い意思で経営を行うこと。

その強い意思とともに、激しい闘争心を持つこと。

また、素晴らしい優しさ、思いやりの心も持つこと。

不況であればあるほど明るく未来を描いて、絶対に幸せになれる、成功できると信じ込むこと。

卑怯な振る舞いをせず、荒々しい闘争心をもとに勇気を持ってことにあたること。

そして常に創造的な仕事、創意工夫を重ねて、改革をすすめること。

改めて振り返っても、今の事業、経営をすすめる上ですべて重要な視点。これらをベースに、今後も真摯に経営に取り組んでいきたい。

【盛和塾機関誌】新しい時代を開く。

夢を実現するためには、やり遂げたいという強烈な願望を抱き、

成功のイメージを作り上げること。それが新しい時代を開く。

 

「油は太るもの」「油は調理用に使うもの」

弊社の商品「MCTオイル」は、油における世の中の常識をゼロベースに捉え、

常識を非常識に変えるきっかけを作ったと自負している。

振り返ると、これは社長はじめ、創業メンバー全員と成功のイメージを共有し続け、

必ず健康に導く新しい常識として信じて疑わなかったことにあると思う。

今後も、会社の未来を具体的に描き、共通認識として社員全員と成功イメージを高め、

健康に寄与する会社を築き上げていきたい。思いは必ず実現すると信じる。

 

 

 

「自分がリーダーシップをとるということは、自分に何かが課せられているということ」。

リーダーというのは、あくまでも役割であり、自分の能力はみんなのために使うべきものであるという認識を、改めて自らの心に根付かせねばならない。

会社の成長と、社員の幸福との調和を高めていくために、常に謙虚さを忘れずに利他の精神を持ち続けたいと思う。

 

 

「母親の愛情みたいに溺愛する甘いものではなく、烈風吹きすさぶような父親の愛情のような自立を求める愛も必要」。

課題に自ら気付き、自ら解決に導いていける人材。そんな自立型の人材になってもらうように、時には厳しく、指導できる人間になろうと思う。

 

「偉大な人物の行動の成功は行動の手段によるよりも、その心の純粋さによる」。

古代インドのサンスクリット語にあるように、純粋性と利他の心を座標軸とし、人生を歩んでいきたい。

#12 MCTオイル健康セミナーvol.2、開催しました!

先日2/16(日)、

宗田マタニティクリニックの宗田院長をお迎えしてのセミナーを開催致しました。


日本の出産事情に照らし合わせた推奨する食事内容、

ケトン体エネルギーの意義、

たんぱくリッチ食のすすめなど、

MCT オイルから拡がるさまざまなお話を、医学的根拠の視点からご教授くださいました。


学びあり笑いありの、あっという間の2時間。

たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました^^

 

セミナーの内容はこちらをどうぞ。

https://www.shozankan-shop.com/topics_detail.html?info_id=340

 

f:id:katsuyamaN:20200223204753j:plain

 

おまけ。

f:id:katsuyamaN:20200223204918j:plain


打ち上げでも、もちろん、たんぱくリッチなお肉を^^

 

【盛和塾機関誌】壁を突破する。

自分の中に固定化された常識を壊してみる。

そして、無理だと思っていることを、粘りに粘ってやり抜く。

ここが、成功者と不成功者の差だという。

 

先入観を持つと、可能が不可能になってしまう。

自分はここまでだ、とか、これ以上の売上達成は難しいとか、

壁を作ってしまう要因は、自分の経験の範囲で上限を決めてしまうからだ。

無理だと思った時点で、負けである。

無茶だとしても、求めるゴールを達成するイメージをし、

具体的な行動、目標を立てることにしよう。

信念という強い思いを忘れずに、粘り強く一歩一歩歩んでいくリーダーでありたい。

 

また、フィロソフィ座談会の中で、渡部社長の言葉が印象に残った。

「一致した燃える集団をつくるには、まず自分が燃えるということ。組織の先頭に立って走り、開拓していくということ。そして、社員と共通の行動目的を持つことである」。

集団が燃える集団になるかどうかは、事業がうまくいくかどうかと同義語。

常々思っていることだが、個々の目標と会社の目標が一致したとき、

その目標は必ず達成する。

 

先日、LINEの中の方のリーダーについて持論が述べられている記事を拝読し、

とても共感するところがあった。

リーダーのミッションは、個々が持つ力が100%だとしたら、

組織の力で200%、300%、それ以上にその人の能力を上げられるかであると。

従来のピラミッド型の組織ではなく、みながそれぞれ有機的につながっている関係性。

自律的にそれぞれの役割や関係性をアップデートして適応するようなチームが理想であるという部分に、

自分の組織と重なる未来が見えた。

リーダーの役割は、このチームを、明確なビジョンと、誰よりも熱い情熱、そしてスピードある実行力で引っ張っていくことである。

「燃える集団のリーダーシップというのは、自らの信念とするフィロソフィをしっかり語り続けること。意思決定も戦略も、それを実行に移すのもリーダーシップ。良い悪いと決める判断基準となるのがフィロソフィであり、経営哲学がまさに経営者の人間性である」。

塾長のこの言葉を十分理解し、器の広い人間性が身につくように、日々努めていきたい。

#11 MCTパウダーがいよいよ発売になります。

来る2月17日に、いよいよ「仙台勝山館MCTパウダーゼロ」を発売します!
「パウダーのニーズって絶対あるよなー。早く商品化したい!いや、早く商品化しなければ!」と、マーケットをみながら考えていた商品。そして商品化すると決めたら、早く出したい早くお客様に届けたいの一心で、原料探しをスタート。
自分でいうのもなんですが、私、リサーチはかなり得意なんです。
さらにいうならば、とびっきり相性の良いパートナーを探すのも、誰よりも得意です(笑)。
で、見つけました、超高品質のMCTパウダーを作ってくれるところを。
トントン拍子で直接お会いでき、こちらが希望する商品ラインナップを見て、これは大当たりだと興奮。
何よりも先方の担当者がめちゃめちゃいい人だった!
この人なら絶対信頼できる!と、初めて会ったときから感じました。 で、できました!
MCTパウダーゼロ!なんと、糖質が0gなんです。
実は糖質0gのパウダーって日本初!
原料は、中鎖脂肪酸油と、天然アカシア食物繊維のみ。糖質が0gだからって、人工甘味料なんぞ使っていませんよ。
なんて高品質!これなら絶対うちのブランドでいける。
うちのお客さんならきっと選んでくれ、きっと満足してくれる!と自信を持って販売できる商品です。いやー、嬉しい。
こうしてお客さんの求めているニーズにマッチしそうな商品を
ちゃんとみつけて、販売できるのが嬉しくて仕方ない。
また、これを販売するために、会社のスタッフが本当にがんばってくれている。
チームがすごく成長しているのを日々感じています!MCTパウダーでもっともっとMCTオイルを身近に、
そしてみんなが健康になりますように!
 
f:id:katsuyamaN:20200211215934j:plain

【盛和塾機関誌】両極端をあわせ持つ。

マネジメントで最も必要なことは、自分の信念に基づいて、 正しく、適切な判断を下すことである。
F.S.フィッツジェラルドの、
「一流の知性とは、二つの相対立する考えを同時に心に抱きながら、
しかも正常に機能し続けられる能力をいう」という言葉が、
なかなか具体的にイメージできず、理解するのに時間を要した。
経営者として決断を迫られるときはいくつもある。 そしてその経営者に必要なのは、大胆さと慎重さの両方を見に付けていることだという。 私はまだ会社の未来を揺るがすような大きな決断を下す立場ではないが、 現場トップとして、小さな、たくさんの判断を下す機会が多い。 在庫はどれくらい持つべきか、広告予算はどれくらいかけるべきか、 思うように働いてくれないスタッフにどう声をかけるか、
お客様からのしつこい苦情にどう対応すべきか。
スタッフに返答するときに決めていることは、筋の通った答えを、すぐに、堂々と出すこと。
なんとなく、真ん中ぐらいの判断をしてしまうと、解決はしない。 両極にある考えを、高い視点から俯瞰し、
そのときに一番正しい判断しなくてはならないのだと、改めて学んだ。 今後、重要な決断をすることが増えてくるので、
温情と冷徹さ、慎重と勇気、緻密さと大胆さ、
これらを状況に応じて使い分ける人格を持ちたい。

#10 台湾へ。

台湾に行くのは、今回で4回目。

仙台から直行便が毎日出ているので、アクセスがものすごく便利。

今回もビジネストリップでしたが、

大好きな北京ダックはもちろん欠かせません!

おすすめは、アンバサダーホテルにある四川料理レストラン。

今回は、訪問先の方にお願いして、わざわざこちらの店をリクエストしちゃいました。

 

皮はパリパリで、ほどよい味わいがたまりません!

 

f:id:katsuyamaN:20200207211740j:plain f:id:katsuyamaN:20200207211742j:plain

 

f:id:katsuyamaN:20200207211706j:plain 

ちょうど春節の直前だったので、ところどころで新年を迎える準備をしていました。

 

f:id:katsuyamaN:20200207211723j:plain

市場も多くの人で賑わっていました。

 

台湾の方は本当にどなたも親切で、

おもてなしの精神にあふれています。

個人的には台湾の方のほうが日本人よりもよっぽど「おもてなしの心」が

あるんじゃないかなと思ったり。

 

次回は台南にも訪れてみたいな。。。